結婚して8年目。2011年9月7日に無事女の子を出産しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きのこ
 
[スポンサー広告
これまでのご報告
皆様、大変お久しぶりでございます。4ヶ月も放置していたきのこです。
もともとズボラな性格なので何事も長くは続きませんが、こんなに放置していたとは!!

自分が情けないです。


この放置していた4ヶ月の間にあった事を少し書きます。

まず、1番のメインイベントは「マイホームへの引越し」ですかね~。
仕事しながらの引越しの準備&引越しの後片付けはほんとにしんどかったです。
仕事が忙しいとの理由でほとんど何もしなかったともぞうさんにイライラしながら頑張った引越し☆
無事に終える事ができました。

長年住んできた大阪を離れ奈良へ。
ずいぶんと田舎になってしまいましたが、静かでとてもいい所です。


そしてそして、妊娠はというと・・・・
あいかわらず出来てません(涙)

まず病院からは、卵巣検査の結果があまりよくないので「早めに体外にステップアップした方がいい」と言われてしまい・・しかし説明会に2人でなかなか行く事ができず・・しかも家を買ったばかりでほとんど貯金もなくなってしまい・・。
金銭的に余裕がなった私達は、体外を断念する事にしました。

そんなこんなで、治療自体をお休みする事に決めたのです。


そして、引越しして最初の周期には排卵検査薬も使用せず、テキトーに1度だけタイミングをとりました。
妊娠の事はまったく気にせず、引越しの片付けとインテリアで頭がいっぱいだったんです。
そんな時の高温期10日目に、発見した茶オリ。

「あ~、生理かぁ。。」「ん?にしては早くないか?」と思っていると、数日間茶オリが出たり出なかったりの日が続きました。そこで私は「まさか!着床出血!?」と淡い期待を抱いてしまい、高温期14日目にフライング検査をしてしまいました。

すると!まさかの!陽性反応!

ビックリして、涙が止まらなくて、ともぞうさんに抱きついて、また泣いて、夢のような時間を過ごしました。
それからも高温は続いていたのですが、なぜか茶オリは止まらない。
おかしいなぁと思いながら高温期17日目まできました。

しかしその日の朝、今まで37.20℃ぐらいあった体温が36.90度まで下がりました。
私は焦って、もう1度妊娠検査をしてみると・・・・線が薄くなっていました。
そして次の日には36.72℃。

結局、化学流産だったようです。


化学流産とは、受精はしたものの着床できなかった事。
普段は、生理が遅れたかな?ぐらいなのですが、フライング検査をした人は気づいてしまうんですね。

でもあの出血はなんだったんだろう?
着床してないんだったら、着床出血じゃないですもんね。

その時は、すごくショックですごく悲しかったけど、初めて「受精ができた」と確信ができて嬉しかったです。


それがわかっただけでも、私達にはすごい進歩です。


あれから、病院にはまったく行っていません。
二人の力を信じて自然で頑張ってみようかと思います。

私も35歳になったし、急がないといけないのはわかってるんですが、赤ちゃんはきっと私達の所に来てくれると信じています。


このブログでいい報告ができるといいな。



久しぶりですが応援宜しくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


今までコメントくれてた方々、ありがとうございます。
しかしズボラな私なので、いつ今回みたいに放置するかわかりません。
コメント頂いてもずっと放置していても申し訳ないので、今後はコメントを閉じさて頂こうとおもいます。
スポンサーサイト
Posted by きのこ
  trackback:0
[不妊治療(お休み中)]  thema:赤ちゃんがほしい - genre:結婚・家庭生活
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。