結婚して8年目。2011年9月7日に無事女の子を出産しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きのこ
 
[スポンサー広告
卵管鏡下卵管形成術終えました。結果です。
【周期 12 日目】 体温 36.60℃ (低温期 12 日目)
◆特に症状はなし


昨日、FT(卵管鏡下卵管形成術)を終えてきました。

まず13:30に受付。
その後ベットのある個室に案内され、着替えと点滴。
次に副作用が起こらないようにと筋肉注射を打たれる。
点滴をしながら手術室へ移動。
そしていよいよ手術開始。
まず卵のチェックをしてもらいましたが、卵胞22mmと内膜11mmといい感じの大きさ。
その後局所麻酔を行う。(あとで聞いたのですが、この時子宮をぐっと引っ張り子宮の中4箇所に針で麻酔をしたそうです)怖~
麻酔が効いてきた所でいよいよカテーテルを挿入。卵管の入り口を探すのに少し時間がかかってました。
その後、一緒にモニターを見ながらカテーテルを進めて行きます。
途中、何度か重い生理痛のような痛みがありました。
看護師さんが「私の手を強く握っていいですよ」とおっしゃったので、遠慮なく握らせていただきました。
痛いとき、顔をしかめ口は大開きしていて、それはそれはブサイクな顔してたと思います(笑)
でもあいにく昨日は風邪を引いてて、マスクをしていたのでその顔を看護師さんに見せなくてすみました。
終わってベットのある個室に戻ると、待っていたともぞうさんが「早ッ」と。
私にはとても長く感じた時間でしたが、ともぞうさんにしてみたら早い手術だったんですね。

その後しばらく、重い生理痛の痛みが続きました。
あと、朝の9時からずっと絶食・絶飲だったうえ、唾液などをうばってしまう筋肉注射を打っていたため喉が渇いて死にそうでした。

結局4:30頃までベットで休んで、そのまま帰宅する事ができました。

結果は、右も左も卵管の入り口は正常。
しかし途中に炎症がおこってる所が何箇かあり、その部分が癒着しかかってたそうです。
だからその部分にカテーテルを通した時に、痛みが強かったんだろうと・・・
とりあえず今回の手術で、癒着しかかって狭くなってた部分が広がったとの事でした。

どうりで1回目の卵管造影検査、痛いと思いましたよ~。
その時の記事はコチラ↓
http://0403kinoko.blog16.fc2.com/blog-entry-45.html

この時は、不妊専門病院ではない普通の婦人科でした。
もう痛くて痛くて泣きそうだったのに、異常なしねって言われてたんです。

2回目の卵管造影検査は、今の病院でした。
ここでは痛み止めの座薬をした後の検査で痛みはほとんどなくてよかったんですが、その時に右の卵管が狭いかも?という事で、今回のFTが決まったのです。

1回目の卵管造影検査って・・・ただ痛いだけの検査だった。。。
まぁ、癒着しかかってたから痛かったんでしょうね~
ちゃんと調べなおしてよかったです。


という訳でだらだらと長い文章になってしまいましたが、まだFTをやった事がない or これからFTをやりますという方、よかったら私の経験談を参考にしてください。
私の不妊も卵管だけが原因ではないと思いますが、少しだけ明るい未来が見えてきました。

本日の夜タイミングをとって、明日の朝AIHします。

今週期、どういう結果になるかはまだわかりませんが、あとは祈るだけですね。

っていうか今日タイミングとれるんでしょうか???久しぶりだし・・・(笑)



今日も応援お願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by きのこ
comment:6   trackback:0
[病院の事]  thema:赤ちゃんがほしい - genre:結婚・家庭生活
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。